自分でできる!体幹燃焼法


昨年行なった体幹燃焼キャンペーンは大変好評でした。その中から3つトレーニング法をピックアップしご紹介させていただきます。ポイントを参考にぜひチャレンジして下さい!

1  柔らかいお腹で代謝を上げる!

生活習慣によりお腹周りは硬くなっていきます。お腹をほぐすと呼吸がスムーズになり、糖質や脂質のエネルギー代謝がアップします。

まず、写真のように仰向けに寝て腹筋とあばらの間に指を入れて下さい。指を軽く押し込み、ひざを棒倒しのように左右に動かします。

ポイント
指を押し込みあばらを開き、肘を床に付く
肘を床につけたまま膝を左右にゆっくり倒す
あばらに沿って上部(みぞおち)→中間→下部をほぐす
上部から下部を各20回行う

2 深い呼吸で循環させる!

お腹がほぐれてきたら深い呼吸ができるか自分の目で見て確かめます。深い呼吸は血液循環にかなり影響します。


写真のように大きめのクッションなど頭の下に敷きます。息を吸ってお腹を膨らまし、プレートを高く持ち上げる。吐いて深く沈ませられればGOOD!

ポイント
おへその少し下辺りにプレート(スマホなどで代用可能)を置く
頭にクッションを敷くと腰や腹筋の緊張が減る
お腹の中に風船があるとイメージし、腰周りも膨らませる
吐いて腰とマットのスペースを無くす

3 呼吸で効率良く鍛える!

深い呼吸ができるようになったところで体幹を鍛えましょう。


マットに仰向けになり手を後ろで組みます。(※写真では動きが分かり易いようバランスボールを使用)
お腹に息を入れるように深く吸いながら体幹を伸ばしていく。お腹に入った空気を全部吐き出すイメージで、下腹部とみぞおちをおへそに近づけていく。

ポイント
肘を外に開く
腰を反るというよりお腹を長くするイメージで伸ばしていく
吐きながらプレートを沈ませるイメージで上下同時に近づけていく
5秒~10秒近づけ続け10~20回繰り返す

以上、体幹プログラムの一例です。(注)ご紹介したトレーニングは一例でありすべての方に有効なプログラムではありません。お身体に不安のある方は医師の診断のもと安全に行ってください。

1セットやるだけでもお腹の奥から熱くなってくると思います。お客様からは「今まで使ったことない所まで使った」「体幹が燃えるように熱い」「こんなに効く腹筋やったことがない」と大好評でした。

番外編

上記の体幹トレに慣れてきた方、ご自分でもプランクなど体幹トレをやっているという方は…

写真の様なプランクができるようになるとさらに効果的です。内ももから二の腕まで効いてきます。これを正しいポジションで行うには個々にアドバイスが必要なためトライしたい方はぜひスタジオにお越しください。
問い合わせる >

あわせて読みたい