10月キャンペーン 筋トレの効果的な時間とは?

筋トレの効果的な時間とは?

猛暑から解放され、運動しやすい季節になってきましたね。
筋力アップやボディメイクのために筋トレを始める方も多いのではないでしょうか。今回は筋トレを行う時間帯で迷っているあなたに、時間帯によるメリットやデメリットを紹介させていただきます。ぜひ以下を参考に筋トレを習慣化しましょう!

午前中のメリットとデメリット

午前中のメリットは、体力や集中力が満タンに近い状態と言えるため、鍛えたい部分に意識を集中させやすく、しっかり追い込めます。すると成長ホルモンがいつも以上に分泌され、長時間代謝が高い状態かつ脂肪の分解が促進されます。1日の活動時間を長く使えるため、エネルギー消費量が増え、ダイエットに励む方にはとても有効ですね。

デメリットとしては、追い込み過ぎや全身の筋トレを行ってしまうと副交感神経が急激に優位になり、強烈な眠気が襲ってくることです。

夕方が最適?

スマーストリヒト大学の研究(2016年)によると、「夕方に筋トレを行ったグループは他の時間帯に行ったグループより30%以上筋タンパク質の合成率が増加した」と発表しています。

まとめると筋肉を効率よく付けたい場合は、夕方の筋トレを習慣化し、いつもより多めにタンパク質を摂取すれば良いということになりますね。しかしながら、働き世代が早めに仕事を切り上げ、夕方までにジムに入ることを習慣化するのは難しいかもしれませんね。

夜のメリットとデメリット

夜に行うメリットは、日中に重力の影響で下半身に溜まった「血液」や「リンパ液」の循環を促進させ、「むくみや冷え」に効果抜群であること。先ほど説明した通り筋トレ後は「眠気」が襲ってくるため、不眠や睡眠が浅いとお悩みの方にもおススメですよ。

また、当店のお客様は「仕事のストレスから解放され、頭がスッキリする」と言って下さる方がとても多いです!デメリットとしては、午前中とは違って体力や集中力が低下していますので、「充分に筋肉に効かせられない」「フォームが崩れやすい」「途中でやめてしまう」などが考えられます。

まとめ

午前中が合っていると感じた方は「体幹」「脚」「腕」など分けて週何回か行う。または一回の筋トレを30分以内にすると眠気を防げるのでぜひお試しください。当店で行う場合は、トレーナーが適度に休憩やストレッチなど織り交ぜ調整しますので防ぐことが可能です。夜に行う方は、トレーナーを付けて行うことをオススメします。

フォームの崩れを防ぎ、引き締めたい部分にしっかり効かせることが可能になりますよ。仕事を早く切り上げられそうな時は、追加で夕方に行えるとさらに効果的ですね!とはいえ、まずは習慣化が大事。ライフスタイルに合わせて自分が行いやすい時間帯を見つけてください。

10月限定で時間帯別キャンペーンを行っていますのでぜひ当店のパーソナルトレーニングもお試しください。

タイムスケジュール

*当日の入会でどの時間帯でも入会金が無料になります。お得なこのチャンスをお見逃しなく!!

キャンペーン期間

問い合わせる >

あわせて読みたい