免疫力アップに効くポリフェノール

 

厳しい寒さの続く冬から、徐々に気温が上がり春を感じられるようになってきましたね。新生活や、花見やワクワクさせる春ですが、花粉症などアレルギーに悩まされている方も多いのでは?昨年もこの時期に「免疫力」についてお伝えしました。

やはり、体調管理には免疫力が大切だということで、今回はその「免疫力」のアップに繋がるポリフェノールの情報をお届けします。

ポリフェノールとは?

ポリフェノールとは、ほとんどの植物がもつ苦味や色素の成分で、ビタミンCやビタミンEなどと同じく抗酸化作用があります。最近だと、バレンタインの記事やインフルエンザ対策の記事でも紹介していましたね。

体内の炎症レベルが高いと老化につながるという研究もあるので、アンチエイジングの面から見ても積極的に摂りたいですね。

他にも、癌・糖尿病・高血圧・喘息・心疾患・感染症など広範囲で作用を持っていると2009年の論文で紹介されています。そこで今回は、免疫力をアップしてくれる4種類のポリフェノールをご紹介します。

免疫力を高めるポリフェノール4種

クェルセチン

柑橘類、玉ねぎ、リンゴ、お茶、ベリー系、ブロッコリー、モロヘイヤなど。
アレルギー症状を抑えてくれる
抗酸化・抗炎症作用

アラビノガラクタン

大豆・大根・ニンジン・ヤドリギ・カラ松・梨・コーンなど。
腸内の善玉菌を増やす
悪玉コレストロールの吸収を妨げる

アントシアニン

ブドウ・ベリー系・紫キャベツ・プルーン・アサイー・黒豆・さつまいもなど。
視力回復・脳機能改善
動脈硬化・アンチエイジング

テアニン

お茶
ストレス軽減・睡眠改善
リラックス効果・疲労回復

如何だったでしょうか?気温や環境の変化で体調を崩しやすいこの季節。免疫力を高め乗り越えたいですね。

問い合わせる >

あわせて読みたい